納得のいく形で事故を解決に導くのが弁護士です。
一人で悩まずますは相談してみましょう。

主婦の休業損害と逸失利益

私の姉はバイク運転中、交差点の手前で停止していたところ、右折してきた車が姉のバイクに気づかず衝突するという事故に遭いました。この事故で、姉は頚椎捻挫のケガを負い、リハビリなどをしてもシビレが残り、14級の後遺障が認められました。


相手側から当初提示があった賠償額に姉はとてもびっくりしたそうです。なぜならたったの100万円という低額でしたから。姉は当然納得できずに、弁護士へ相談をしました。


保険会社が提示した慰謝料は、任意保険会社の基準で計算されていました。弁護士事務所では、裁判所基準の額を受け取ることができるよう交渉をしていく、とのことでした。


また、姉が主婦ということで、逸失利益についてはまったくのゼロで計算されていたことにも着目し、これについても裁判所基準で算定し直すように交渉をしました。また休業損害についても1日5700円の金額で計算されていましたので、平均賃金を元に算定されるべきと主張を繰り返しました。 弁護士の交渉のおかげで賠償額は大幅にアップし、休業損害や逸失利益も認めてもらうことができました。


保険会社が提示する金額が必ずしも妥当なものではない、ということが今回の件を通してわかりました。納得して示談に応じていたらと思うと怖い、と姉は話しています。交渉のプロである弁護士に全てを任せて本当によかったと思っています。