納得のいく形で事故を解決に導くのが弁護士です。
一人で悩まずますは相談してみましょう。

交通事故で弁護士特約を使う

私は車運転中、渋滞のため車を停止させていたところ、後ろから前方不注意の車に衝突されました。私はこの交通事故で腰椎捻挫などのケガを負いました。


いわゆるもらい事故だったので、私の加入していた保険会社は動くことができなかったのですが、弁護士特約をつけていたので、私では分からないことも多いので、専門家である弁護士にお願いすることにしました。


結局、痛み・シビレなど後遺症が残る結果となってしまい、後遺障害等級に認定申請を行いました。そして14級10号の認定をもらいことができました。


また弁護士事務所があいだに入ったことで、当初提示されていた賠償額200万円から倍額の400万円までひきあげて支払いがされることとなりました。


弁護士特約に加入したとき、実はそこまでその特約が重要なものだとはわかっていませんでした。私自身、交通事故に遭うまでは事故にあったら自分の保険会社の担当者がすべて相手方との交渉などを引き受けてもらえるものと思っていましたから。


でも、今回のように私に全く非がなく事故に遭ってしまった場合、自分の保険を使って示談交渉を行うことはできないのです。車の保険というのは、事故の相手の賠償を行うものなので、相手への損害賠償をする必要のない10:00の事故は保険使用に該当しないからです。


でも、相手側との交渉を自分自身で行うことに不安を感じることもあると思うので、それを解消するために弁護士特約があるわけです。今回は特約がとても役だったケースだと思います。